仕事 副業

副業にかかる税金って?-モチベーション維持できるか

「副業を始めようかと考えていますが、税金ってどれだけかかりますか?」
「副業を始めました。税金が高すぎてモチベーションが上がりません・・・」

という方々向けに記事を書いています。

こんにちは、地元長野県に移住してほそぼそと副業をしながら生活しているかまくらです。

「日本国民であれば、税金を納めるのは義務である」

ホント当たり前といえば当たり前なのですが、そんな当たり前の"中身"を僕らはほとんど知らないんですよね・・・。

税金については、学校で教えてもらえるわけではありません。(義務教育なのに義務について詳しく教えてくれない)

社会に出て会社で働きだせば、税金なんて勝手に給料から差っ引かれる。

こんな状況では、自分から「税金について勉強しよう!」と思わない限り、税金の知識は身に付きません。

そこで、本記事では副業(個人事業主)でかかる税金と税金の受け止め方について解説したいと思います。

副業開始を検討している方、すでに副業を進めている方、必見です!

記事の信頼性

東京で半年間、フリーランスを経験しています。
・2019年7月より、副業として株式投資の塾を運営しています。
・副業で本業の2.7倍の収益を得ています。

ざっくりとどれほどの税金がかかってくるか

会社員と個人事業主(会社に勤めながら副業をしている人を含む)で、かかってくる税金が少し違います。

会社員:所得税(所得にかかる税金)、住民税(所得にかかる税金で市区町村に納める)
個人事業主:所得税、住民税、事業税、消費税

所得税と住民税は、会社員/個人事業主ともにかかってきます。

どちらも「所得にかかる税金」なので、所得に関して少しだけ触れると・・・

(課税)所得=売上-経費-控除

です。

会社員の場合、“源泉徴収”と“年末調整”で会社が税金を会社員に代わって納めてくれます。

個人事業主の場合、“確定申告”した後に自分で税金を納める必要があります。

※給与所得以外の所得合計額が年間20万円を超える場合、確定申告が必要になります。

【確定申告はいくらから?】
https://biz.moneyforward.com/tax_return/basic/1064

経費は事業にかかったコストを指します。

控除は、基礎控除、扶養控除、配偶者控除、医療費控除、生命保険料控除、住宅ローン控除などありますが、かなり複雑になるので、本記事では割愛します。

では、所得税、住民税、事業税、消費税について解説したいと思います。

所得税

課税される所得金額/税率/控除額は以下のとおりです。

195万円以下/5%/0円
195万円超~330万円以下/10%/97,500円
330万円超~695万円以下/20%/42万7,500円
695万円超~900万円以下/23%/63万6,000円
900万円越~1,800万円以下/33%/153万6,000円
1,800円超/40%/279万6,000円

所得が上がれば上がるほど、税負担は大きくなります。

住民税

住民税は、全国一律10%です。

「住んでいるところで住民税の税率は違う」

とか聞いたことがあるのですが、そんなことはありません。

事業税/消費税

事業税と消費税は、副業でガツガツ稼いでいる人でなければ、そこまで気にする必要はありません。

事業税は、業種によって税率が変わりますが、年間売上が290万円以下の人は対象外です

消費税は、年間売上1000万円を超えた2年後から発生します。

副業は“月5万円(年60万円)稼げて大成功”と言われているので、事業税や消費税を納める人は少ないかと・・・。

悲しいとき~。がんばって働いた後に税金を納めるとき~

「所得の多い人から多く税金を頂く。日本ってよくできてますね~」

と、言っていられるのは会社員のときだけです笑。

いざ副業を始めて自分でお金を稼ぎだすと、あまりの納税額に悲しくなってきます。

「会社員は給料の話ばかりするが、個人事業主は税金の話ばかりする」

らしいのですが、本当にそうだと思います。

僕自身も税金が気になって気になってしょうがない。

どうにかして“経費”を多く計上して、節税できないものかと考えてしまいますね。

先日、「今日銀行に行って、税金を納めてくる。税金が重すぎる・・・。日本でビジネスをしたくなくなってくる」

と、会社でぼやいていたら・・・

「かまくらさんは稼いでいるからいいじゃないですか」

と、ツッコまれました。

稼いだらわかります。

誰にとっても、1万円は1万円。

手元からお金が飛んでいけば、悲しくなりますよ。

高所得者に感謝と敬意を・・・

自分で副業である程度稼げるようになって・・・

「高所得者の方々、高額な税金を納めてくれてありがとう!」

という気持ちが湧いてきましたね。

日本の医療費が少ないのも、公共事業で豊かなに生活を送れるのも、みなさんの“血税”あってこそ・・・

しかも、自分で事業を起こして、お金を稼いで、高い税金を納めている方々をみると感謝と敬意しか湧きませんね。

「僕も稼いで日本の発展に少しでも貢献しよう・・・」

そんな感じで税金を納めながら、副業するモチベーションを保っています笑。

ただ、この日本では高額所得者がなぜか叩かれる・・・

「お金稼ぎがそんなに楽しいですか?」
「高い税金を納めているのですね。お金を稼いでいらっしゃるのですね。ふざけるな!」

「お金を稼ぎ=悪」「清貧=美徳」という日本人の根底にあるメンタリティは、ちょっと悲しいですね・・・。

これじゃ高額所得者は海外に流れ、日本の税収が下がってもおかしくはない。

手軽にお金を寄付できるアプリ「kifutown」の配信や、twitterのフォロワー全員にお金を配る宣言などで注目を集めているZOZO創業者前澤さんに対して・・・

「お金を配って、そんなに承認欲求を満たしたいのですか?」

みたいなコメントがみられます。

前澤さんのメンタリティは、僕ら凡人にわかりっこありません。

仮に承認欲求を満たす目的だったとして、何か僕らに問題はあるのでしょうか?

逆に・・・「お金配ってくれてありがとうございます!感謝してます!」

と意思表示すれば、前澤さんは気持ちよくお金を配ってくれて、救われる人々が増えるのではないかと僕は思いますね。

高額所得者には感謝と敬意を・・・。

それだけでも日本が少しハッピーになると思うのは僕だけでしょうか?

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

それでは~

かまくら

-仕事, 副業
-,

Copyright© おすすめ副業で、ゆる~い地方移住@長野県 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.